若見え顔を作るには|クマに見られないたるみ解消術|目の下の治療をしてもらおう

クマに見られないたるみ解消術|目の下の治療をしてもらおう

レディー

若見え顔を作るには

ウーマン

決め手は伸縮性

最近、老けて見えるようになってしまった、と感じさせられるのが、頬のたるみです。キュッと引き締まったフェイスラインを作るには、やはり何と言ってもリフトアップ術です。リフトアップ術の中でもたるみ改善に人気があるのが、糸によって引っ張り上げる方法です。これは、伸縮性のある突起状の糸を頬に通し、その糸に組織を引っかけるようにして、引っ張り上げるというものです。糸の通し方によってはメスで切る方法以上に、広範囲なリフトアップが期待できます。また、糸を通すだけなので、手術時間も短く、身体に負担もかかりません。ダウンタイムは1週間から2週間程と言われています。施術後すぐにお化粧ができるのも、嬉しいポイントです。たるみ解消の持続期間も3年以上と長く、手軽なのに効果の高い点が特徴です。バネの力でたるんだ頬をキュッと上向け、シャープで若々しいフェイスラインを実現しましょう。

糸の種類や通し方を知ろう

憎い頬のたるみを改善するのに効果を発揮してくれる糸によるリフトアップですが、施術を受ける時に確認したいのが、糸の種類と通し方です。糸は、大きく分けると溶けるタイプと溶けないタイプに分かれます。溶けるタイプは糸を埋め込むことでコラーゲンの生成を促すことに力点があり、溶けないタイプは組織の引き上げを主な目的としています。また、糸の通し方もストレートに通して複数個所に固定するものや、糸を交差させるものなど様々なものがあります。それぞれに特徴がありますので、自分の状況や希望に合ったものを選びましょう。そのためにも、医師とよく相談することが大切です。もう、年だから頬がたるんでも仕方がない、そんなふうにあきらめてしまうのは早過ぎます。たるんだものは引き上げよう、それを忘れないでください。